センスのいいもの

2021.02.17

​おしゃれで取り入れやすい海外インテリア雑貨 ~トルコ編~

​​おしゃれで取り入れやすい海外インテリア雑貨 ~トルコ編~

鮮やかな配色や印象的なデザインなど、海外インテリア雑貨には日本にはない魅力がいっぱい!ぜひお部屋のインテリアに加えてみたいもの。でもどうやって取り入れたらいいのか迷ってしまう。そんな時は、クッションやランプなど小さなアイテムから始めてみるのはいかがでしょうか?

今回は、オリエンタルな色合いとエキゾチックな模様が魅力的な、トルコのインテリア雑貨をご紹介。ひとつ加えるだけで部屋がおしゃれになる必須アイテム揃いです!

おしゃれで取り入れやすい海外インテリア雑貨 ~トルコ編~

トルコの文化・デザイン

西アジアに位置するトルコ雑貨には、アジアとヨーロッパのスタイルが織り混ざった独特の美しさがあります。歴史を辿れば、かつて遊牧民が生活していた場所でもあり、ファブリックのデザインなどには、遊牧民の暮らしから派生したモチーフや技術が生かされています。
また、トルコの生活に根ざしているイスラム教。礼拝堂であるモスクの壁や天井を彩るイスラム模様や窓を照らすステンドグラスが、陶器やランプのデザインのベースになっています。それでは、トルコ雑貨の魅力をひとつひとつ紹介していきましょう。

取り入れやすい、おすすめのインテリア雑貨

ワンポイントで映える!シェニール織のファブリック

クッションカバー
通常価格 2,860円(税込)

クッションカバー
通常価格 2,860円(税込)

クッションカバー
通常価格 2,860円(税込)

クッションカバー
通常価格 2,860円(税込)

シェニール織は、モスクやタイルのイスラム模様をベースにした柄が多く、主にヨーロッパへの輸出用として作られ始めたのがその発祥です。適度な厚みと艶やかな光沢感があり、さりげない高級感がその魅力です。気軽に洗えることもあり、インテリアに取り入れやすいと、近年人気が高まっているファブリックです。

トルコの国旗をモチーフにした柄や、トルコ国民に愛されているチューリップが散りばめられた柄など、デザインも様々で自由。ターコイズブルーやゴールドは日本ではなかなかない色合いだと、インテリア好きにも人気があるそう。ナチュラルカラーのソファに、シェニール織のクッションやファブリックをそっと置くだけでも、鮮やかな色味が部屋に加わり、素敵なアクセントになります。

トルコが誇る伝統柄。トルコキリムのファブリック

クッションカバー
通常価格 6,600円(税込)

クッションカバー
通常価格 6,600円(税込)

キリムとは、「毛足のない平織りの織物」という意味。昔から、トルコを中心とした中央アジア〜モロッコエリアの遊牧民の伝統的な織物で、彼らの生活には欠かせないものでした。夏はさらっと涼しく、冬はウールの暖かさがあり、オールシーズン使えるのが魅力です。

トルコのファブリックといえばキリム!という方も多く、キリムの魅力である柄は、 織られた地方ごとにデザインやモチーフ、糸の太さ、色合いなどに特徴があります。なかでもやっぱり、遊牧民の女性たちが、家族の幸せを願って織り上げたというところにも味わい深さを感じます。かつては嫁入り道具としても使われていたそうですよ。また、40〜100年前に作られたキリムは「オールドキリム」と呼ばれ、年月を経たウールには、独特のつやがあり、時代によって異なる柄デザインが楽しめます。

心が躍るカラフルな、キュタフヤ陶器

コースター
通常価格 660円(税込)

鍋敷き
通常価格 2,640円(税込)

ボウル
通常価格 990円(税込)

小物入れ
通常価格 2,640円(税込)

キュフタヤ陶器とは、トルコの有名な陶器の産地であるキュフタヤ地方で作られた陶器のことを指します。モスクの壁面を煌びやかに彩る、異国情緒たっぷりのイスラム模様のタイルがその由来です。無限に続くかのように反復する”幾何学文様”やコーランを記すアラビア文字をカリフラフィーとしてあしらった”文字文様”、チューリップやカーネーションなどをモチーフにした”植物文様”の3つが、オーソドックスなデザインとなっています。

近年では、立体的なモチーフとカラフルが華やかな、女性陶器作家ニメット・チニのデザインが世界中で人気!見ているだけで明るい気持ちになれるような、可愛らしい陶器です。ただ、キュフタヤ陶器は、低温で焼かれている陶器のため食器としては少し不向き。アクセサリーや小物入れにしたり、壁に掛けるなどして楽しんでくださいね。

間接照明にピッタリの、トルコランプ

卓上ランプ
通常価格 14,300円(税込)~

卓上ランプ
通常価格 14,300円(税込)~

美しい彩りの細工が施されたガラスが織り成すトルコランプ。オスマン帝国時代から宮殿やモスクなどで使用されてきたトルコの伝統的なランプです。元々は、モスクの天井からぶら下げられた白いランプのガラスに色をつけたことがその始まりで、次第にモザイクガラスやビーズなどの装飾が増えていったのだとか。

トルコランプの魅力はその印影。灯りを灯した時に、モザイクガラスを通して漏れ出る灯りが部屋じゅうに広がり、なんともいえない幻想的な空間を作り出してくれます。モザイクガラスは、ガラス表面に色を塗っているのではないので、熱で色落ちすることもなく安心。本場のモザイクランプは、職人による手作りなので1つとして同じ柄はありません。寒色はリラックスの効果、暖色は空間を柔らげるなど、どんなカラーを選ぶのかでも、部屋を好きに演出できますよ。

世界観のあるトルコ雑貨は、一つあるだけでインテリア上級者に近づけそう。選ぶ際には、感覚的に好きなものを選ぶのがおすすめ!一見、派手すぎるかなと迷う思うアイテムでも、小さな面積ならOKです。ターコイズブルーやゴールドなど日本のインテリアカラーには珍しい色使いを取り入れて、お部屋作りを遊んでみてはいかがでしょうか?

取材協力

Karanfil(カランフィル)
インテリア雑貨からアクセサリーまで、輸入雑貨が揃う

トルコ雑貨・スペイン雑貨をメインに取り扱う輸入雑貨店。その他にもモロッコや北欧、ロシアなど世界各国の雑貨も充実しています。ラグから小物、衣類まで扱うジャンルも幅広く、長年現地で買い付けをされているオーナーさんのこだわりのラインナップが楽しめます。インテリアの相談にも乗ってくださいますよ。

  • TOPKAPI(トプカプ)
  • TOPKAPI(トプカプ)

この記事をシェアする

PAGETOP