インテリア

2022.04.27

テレビの位置とアンテナ端子はどこにするのが正解?入居後、後悔しないために

テレビの位置とアンテナ端子はどこにするのが正解?入居後、後悔しないために

マイホームを購入した後、建てる前に決めておいた方がいいことの中に、テレビのアンテナ端子の位置があります。特におうちで一番長い時間を過ごすリビングでのテレビとアンテナ端子の位置でお悩みの方は多いのではないでしょうか? 入居後、後悔しないための決め方についてプロに詳しくお聞きしました。

テレビのサイズと見る場所を決めよう

テレビとアンテナ端子の位置を決めるには、「テレビのサイズ」と「見る場所」を決めておく必要があります。

テレビのサイズ

新居でどのくらいのサイズのテレビが必要かを考えましょう。

  • ● 今使っているテレビを新居に持っていく予定
  • ● 映画が好きなので大きいテレビを買う予定
  • ● 家族があまりテレビは見なくなったので大きなテレビはいらない

など、今お持ちのテレビもあるかと思いますが、買い替えを予定している場合はどのくらいのサイズがいいかを考えておきましょう。

(参考)テレビのサイズ早見表

インチ(型) 対角線(cm) 画面の幅(cm) 画面の高さ(cm)

32

81.28 約71 約40

40

101.6 約88 約50

50

127 約110 約62

55

139.7 約122 約68

60

152.4 約133 約75

65

165.1 約144 約81

75

190.5 約166 約93

テレビを見る場所

次に、どこでテレビ見たいのかを考えましょう。見る場所によってテレビを置く高さが変わります。

  • ● ソファで寛ぎながらテレビを見たい
  • ● ダイニングテーブルから見たい
  • ● キッチンで料理をしている時も見える位置に置きたいなど

リビングのソファに座って見たい

テレビを長時間観る場合、テレビの高さは目線と同じか少し下にすると疲れにくいと言われています。身長や座面の高さ・柔らかさにもよりますが、ソファの場合、目線の高さは110cm前後になりますので、画面中央の高さが110cmぐらいになる様に設置するといいでしょう。

ダイニングテーブルに座って見たい

ダイニングチェアに座った場合はソファよりも少し高くなり、目線の高さは120cm前後となります。目線より高く設置すると首が疲れやすくなるので避けた方がいいですが、観る時間の長さなども考慮して設置しましょう。

キッチンからも見たい

キッチンからも観たい場合は、他の家具で隠れてしまわない高さにする、離れていても画面が見えるテレビのサイズにする必要があります。

座卓で見たい

床に座った場合の目線は80cm前後となり、テレビもそれに合わせて低めに設置することをおすすめします。


テレビを置く場所を決めるポイント

入居した後に後悔しないためにはここからが肝心!

1.窓の位置を把握しよう

掃き出し窓の前や窓から日差しが入る場所にテレビを置くことはおすすめできません。故障の原因や窓からの日差しが影響して見えにくくなるので、できるだけ窓からは避けてテレビを置く場所を考えましょう。

2.レイアウトを決めよう

場所を決めるためにはテレビを置くテレビボートのサイズを考えておく必要もあり、ソファーの場合はソファのサイズも合わせてレイアウトを決めておきましょう。

その際、「ソーニング」してレイアウトを考えることがおすすめです。

ゾーニングとは、すること・したいことの目的に沿って、エリア分けをすることです。エリアごとに丸で囲んでみましょう。

関連記事リビングダイニングでの家具の配置に悩んだら。知っておきたいレイアウトの基本

2021.1.28

3.壁掛けにするか、テレビボードに置くかを決めよう

壁掛けか置きのどちらにするかで、テレビ端子やコンセントなど配線処理が変わってきます。また他周辺機器にも配線処理が必要になるので、家を建てる前に必要な配線計画を立てることをおすすめします。

壁掛けにする場合

テレビを壁掛けにする場合、テレビの大きさや種類、壁掛け金具(寸法・位置)、テレビの高さなどの設置位置(下にテレビボードを設置するかも含めて)を決めておく必要があります。これらが決まっていないと壁掛けは難しくなります。

壁掛けにするメリット・デメリット

メリット

  • ・部屋がスッキリする
  • ・アートにもなる
  • ・壁内配線にできる

デメリット

  • ・位置が固定される
  • ・テレビの大きさを変えづらい
  • ・壁の下地補強が必要

壁掛けの場合:テレビ端子や電源の位置の注意点

壁掛けにする場合、テレビの配線を隠すためにテレビの後ろに電源(コンセント)とアンテナ設置します。またDVDデッキなどを置く場合は、空配管(壁内配線)を通して置くと配線がスッキリします。

テレビボードに置く場合

テレビ画面は買い替えなどで大きくなる傾向にあるので、リビングに配置するテレビボード・テレビは、目立ちやすい家具・家電になります。大きすぎた、小さすぎたとならないようにテレビボードとテレビのサイズバランスは事前にしっかり把握しましょう。

テレビボードに置くメリット・デメリット

メリット

  • ・可変性がある
  • ・サイズを変えやすい

デメリット

  • ・場所をとる
  • ・配線を整えるのが大変

テレビボードの場合:テレビ端子や電源の位置の注意点

テレビボードの背面に配線穴がある場合は、その後ろに電源(コンセント)やアンテナを設置するのがおすすめです。


テレビの周辺家具を決めておこう

建てる前に前もって家具を決めておくことで、テレビ端子の位置も悩まずに決めることができます。また、テレビの置き場所としてだけでなく、壁面収納として活用できたり、スッキリとしたおしゃれな空間にすることもできますよ。

家具を壁面収納にした例

テレビ周辺の家具を壁面収納にすることで部屋に統一感を持たせながら収納スペースを増やすことができます。また、テレビを収納に溶け込ませることにより、テレビの存在感を減らすこともできます。

テレビ専用エリアを作った例

壁掛け専用のエリアを作り、テレビをアート感覚で掛けることで、おしゃれでスッキリとした空間に見せることができます。

テレビボードを壁に設置した例

テレビボードを壁に設定して浮かせることにより、床に広がりが出てオシャレ感がアップ!掃除もしやすくなります。

機能性のあるテレビボードもおすすめ

今後のテレビのサイズや暮らしの変化を見据えて、機能性があるものを選ぶのもおすすめです。

下のテレビスタンドは、高さ調整が可能で、テレビを見たい環境に合わせて変えることができます。また、壁掛けテレビのように空間もスッキリして見えるので、狭いリビングや個室、一人暮らしにも最適です。

© タンスのゲン

タンスのゲン


入居後、テレビが見られない・・・という事態を避けるために

入居はしたけどテレビが見られない…という事態を避けるためにも、新居を建てる前にアンテナを立てるか光テレビにするかなど、テレビの視聴方法についても決めておきましょう。「eo光テレビ」なら、通常のアンテナを立てて電波を受信する視聴方法とは違い、光回線で受信することでアンテナ不要、荒天時でも安定してテレビを視聴することができます。ネット回線とまとめられ、独自の回線なので通信速度も高速・安定!

最後に

まだまだリビングの主役ともいえるテレビ。後からテレビ端子の位置を変更するのは容易ではないため、まず大切なのは、リビングでどう過ごしたいかを考えて家具レイアウトをしっかり決めること、そして、買い替えやテレビの使い方の変化を見据えて、長い目で見ることも必要なことです。

アドバイザー

inspi++
二級建築士/ インテリアコーディネーター
久保貴美

ハウスメーカーでの設計アシスタント、マンションの専属インテリアコーディネーター、不動産会社を経て、2009年フリーランスとなる。個人邸やモデルルームのコーディネート、店舗の装飾&ディスプレイなど、空間づくりに関わるあらゆる分野で活動中。

この記事をシェアする

PAGETOP