整理収納

2021.4.21

​​​たまりがちな家庭の書類。アドバイザーが実際にしている、かんたん整理収納法

​​​​たまりがちな家庭の書類。アドバイザーが実際にしている、かんたん整理収納法

どんどんたまっていく取り扱い説明書やレシート、チラシなどの書類、どのようにおうちで整理収納したらいいのかわからない、または一度整理したのにまたたまってしまった、という方も多いかと思います。今回は、整理収納アドバイザー長谷由美子さんのご自宅にお邪魔して、実際にされている整理収納法を教えていただきました。

整理収納を始める前に

まず、今回は何のために書類を整理するのか、目的を考えましょう。書類を探す時間を省きたい、置き場所を決めておきたい、家族がどこに収納する物かわかるようにしたい、万が一、自分に何かあった時にどこに何があるのか家族や親族がわかるようにしておきたい、など目的は様々です。大切なことは、整理収納をする目的を考えること。「どう収納すればいいか」「どこまでやればいいか」が明確になり、今後も面倒にならず、継続しやすくなります。

アドバイザーが実際にしているかんたん整理収納法

書類を分類する

家庭の書類は、大きく下の3つに分類できます。分類することで、簡単に整理していくことができます。

1. すぐに処分できる物
例)レシート、DM、チラシなど
2. 一時的に保管しておく物
例)提出物、学校のプリント、イベント案内など
3. しっかり保管する物
例)保険、年金、取り扱い説明書など

詳しく見る sumica YouTube動画

詳しい書類の分類・収納については動画で紹介しています。

分類した書類の収納法

1. すぐに処分できる紙類

例)レシート、DM、チラシなど

郵便物の確認から書類の整理は始まっています。処分してもいいとすぐ判断できる紙類は、その場ですぐに仕分け、処分することがポイント。

普段、郵便物の仕分けをする場所(ダイニングテーブル)の近くに、ごみ箱やシュレッダーを置くことですぐに処分できるようにしています。

2. 一時的に保管する物

例)提出物、学校のプリント、イベント案内、地域の会報誌など

家族みんながわかる場所に、バインダーに挟んで共有しています。優先順位が高い、期限が近い物を上にして、見終わったり、不要になった物は順に処分するようにします。
バインダーをおしゃれなお気に入りの物にすることで、ダイニングテーブルに置いても違和感がありません。

3. しっかり保管する書類

例)保険、年金、取り扱い説明書など

普段、保管する書類は写真右の半透明の無印良品の引き出し式ケースと写真左のファイルボックスに収納しています。保管する書類は、「保険」「年金の書類」「取り扱い説明書」など、大分類してから小分類して収納していくことがポイント。

大分類した保険や年金の書類を半透明の引き出しにラベリングして収納しています。引き出しタイプの収納用品は、引き出しごと取り出せて、追加・処分する時も楽にできます。また、引き出しの高さが浅い物を選ぶことで、たまり過ぎを防ぐことにも繋がっています。

引き出しの中は、小分類した書類をそれぞれクリアファイルにラベリングして収納。上から袋に入れるポケット式ファイルなどに収納すると、人によっては追加したい時、処分したい時に面倒になることも。クリアファイルなら追加・処分も楽にできます。

こちらは大分類した取り扱い説明書。ファイルボックスに立てて収納しています。「キッチンまわり」、ドライヤーなどは「理美容」と、家電の分類ごとにクリアファイルに入れて、取り出しやすく、ラベリングすることでわかりやすくしています。

家電の取り扱い説明書には、購入日と保証期間を記入しておくと、保証書を開けて期限を確認する手間が省け、処分するタイミングも一目でわかりやすくなります。

書類の整理収納ポイント
  1. 1.整理収納の目的を考える
  2. 2.大きく3つに分類する(すぐ処分できる物・一時的に保管する物・しっかり保管する物)
  3. 3.保管する書類は、大分類してから小分類して収納する
  4. 4.収納用品は、半透明や透明で見てわかりやすく、取り出しやすく、収納しやすい物を選ぶ
  5. 5.定期的に整理することを心掛ける

書類の整理収納は、一度きちんとやってしまえば、今後が楽になります。もし、そろそろ整理しないと、ともやもやがあるのなら、ぜひ時間のある時に実践してみてくださいね。

最後に

生活していく中で書類はどうしてもたまりがちです。家族がいるとなればなおさら。ためこんでしまうと判断や処分に時間がかかり、より面倒になってしまうので、定期的に整理することを心がけましょう。整理収納の目的は人によって様々です。今回の整理収納法をヒントにして、あなたらしい整理収納法を見つけてほしいと思います。

アドバイザー

整理収納アドバイザー
株式会社 カウデザイン FOR YOUR LIFE 事業部
長谷 由美子

無印良品で10年間(社歴12年)インテリアアドバイザーマネージャーとしての勤務した後、仲間と共に『整理収納』と『インテリア』と『無印良品』であなたらしく整え、あなたらしく暮らす【FOR YOUR… LIFE】をスタート。延べ7,000件以上の相談に応えてきた知識や経験から、苦手なお片付けをも好きにさせてしまう「人間力」と「提案力」が定評。一人一人の暮らしに対する想いを聴き、全てを受け止め、あなたらしい暮らしのゴールまで一緒に寄り添います。

この記事をシェアする

PAGETOP