失敗しないマイホーム

2024.01.29

IHと食洗機はここまで進化!パナソニックの最新キッチンを体験

キッチンは、食事の準備、調理、そのお片付けと1日の中でもたくさんの家事をこなす場所。そんな場所に便利な機能が追加できればうれしいですよね。
ご紹介するのは、大阪市中央区のパナソニックのショウルームの最新キッチン。IH、食洗機、換気扇にまで搭載された多くの工夫とアイデアを体験してきました!

IHコンロがダイニングテーブルと一体に!

▲ 対面操作マルチワイドIH ガラステーブルタイプ

まずご紹介したいのがこちらのキッチン。最近流行のキッチンとダイニングテーブルを横並びにするレイアウトかと近づいたら、なんとIHとダイニングテーブルが一体になっています。

▲ ダイニング側から

この「対面操作マルチワイドIH ガラステーブルタイプ」は、ガラステーブルとIHが一体化。IHの操作パネルはキッチンとダイニングの両側にあり、向かい合って同時に料理を作ることができるんです!

▲ キッチン側から

ヒーター部分は主流だった3口が4口になり、より使いやすい横並びに。これまで3口が三角形に配置されていましたが、横に4口並ぶのはパナソニックならでは。
4口あるヒーター部分はシーンに合わせて3口使用に加熱範囲を可能でき、大鍋にも対応しています。

▲ 4口

▲ 大鍋にも対応(3口使用時)

テーブルとIHが一体になっている「対面操作マルチワイドIH」には、こちらのガラステーブルタイプとIHがテーブルに組み込まれたビルドインタイプがあります。 LDKが広くとれないお家や、キッチンスペースを有効活用したいという方におすすめです!

大容量でビルドインタイプの食洗機がついに登場!

次にご紹介したいのは、こちらのアイランド型のキッチンエリア。

▲ フルオープンタイプビルトイン食器洗い乾燥機 庫内容量164ℓ(キッチンとのセット販売専用)

背面のキッチンに備えられている食洗機は、2023年12月に発売されたばかり!
早速開けてみると、

驚きのこの容量! 今までなかったビルトインタイプの大容量食洗機です。

かさばりやすい鍋類も一番下に入れてまとめて洗うことができます。その大きさは従来の2.7倍。大容量のビルトインタイプはこれまで海外製が主流でしたが、2食分以上の食器をまとめ洗いしているという調査結果とライフスタイルの多様化から、1日分の食器をまとめ洗いできる大容量の食洗機をパナソニックが採用。日本の家庭に合う容量、使い勝手で考えられています。

細かい部品やカトラリー類も専用のスペースがあるため、落ちることなく入れやすい。

操作するタッチパネルは扉をあけてすぐの位置に。毎日使用するものだからこそ、細部にまで考えられた仕様。

使った食器・調理器具はまとめて夜に入れておくと翌朝には洗浄完了。お子さまがいる共働き世帯にはうれしい食洗機ですね。

IH・食洗機・お掃除の最新機能が詰まったキッチン

次は、こちらのブラック調のスタイリッシュなキッチンに備えられている便利な機能を一挙にご紹介します。

▲ マルチワイドIHブラックスイッチ枠ブラック

こちらのキッチンのIHも4口が横並びの「マルチワイドIH」。中央の2口の加熱範囲を調整すると、こんな大鍋を置くこともできるんです!

また、IHヒーター前後には十分なスペースがあるので調理中にフライパンなどの取っ手をひっかけてしまったり、小さなお子様がいる方の安全面も考慮された設計になっています。

このIHの上にあるのは、お掃除いらずの換気扇「ほっとくリーンフード」。

▲ ほっとくリーンフード センタータイプ 換気連動 ブラック(キッチンとのセット販売専用)

一年に一度、油受けプレートを洗うだけで10年間お掃除が不要な換気扇なのだとか。お掃除不要の秘密は、全自動お掃除機能が搭載されているから。
運転終了後にファンが自動で高速回転し、付着した油を吹き飛ばして油受けプレート(ラクウォッシュプレート)に集めるようになっています。ラクウォッシュプレートは一年に一度のお掃除が必要ですが、食洗機で洗うことができるので簡単です。

ラクウォッシュフィルターの掃除方法

換気扇のカバーを開けてラクウォッシュフィルターを取り出します。

食洗機にラクウォッシュフィルターを外して入れるだけでお掃除完了!

実はこの食洗機にもうれしい、便利な機能が!
食洗機を使う時は手が汚れている、濡れていることも多いのでできたらラクに扉を開けたいですよね?

そんな時、食洗機の扉を2回ノック。

▲ ビルトイン食器洗い乾燥機 K9/M9 Plus Series

すると自動で食洗機がオープン!
1回では反応しないので誤操作の心配もありません。

キッチンもここまで進化しているとは。お掃除いらずの換気扇は「10年後のファンのお掃除が大変なのでは?」と思いましたが、全自動お掃除機能のおかげで汚れも少ないのだとか。ファンの着脱も簡単。年末の換気扇掃除も必要なくなるかもしれませんね。

今回、パナソニックの最新キッチン設備ついて詳しく教えていただいたのは、パナソニックハウジングサービス株式会社 竹田さん。ありがとうございました!

パナソニックハウジングサービス株式会社 竹田さん


新築戸建てをご検討の方へ。入居後「しまった…!」にならないために

はじめての家づくりはわからないことだらけ。その中でもわからないままつい後回しにして入居後「しまった…!」になりがちなのが、すぐにネットが使えない、テレビが見られないなどの通信環境の計画漏れです。このような事態を避けるためには「建築前からの計画」が大切です。

お住まいが関西なら、ネット回線はeo光がおすすめです。eo光なら、eo新築専門アドバイザーが快適でストレスのないネット環境づくりをしっかりサポート!

最後に

使用者目線で考えられた新しい技術は、どれも今より家事をラクにしてくれるものばかり。今までのキッチンの概念を覆す、進化したキッチンの機能に驚きの連続でした。
ライフスタイルが多様化しつつある時代だからこそ、キッチンの使い方も変わりつつあるように感じます。パナソニックショウルーム大阪ではキッチンだけではなく、住まいの設備もたくさん展示されています。ご興味のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

sumica 住まいの神アイデア!

「住まいの神アイデア」満載でお送りする“暮らしにまつわるハウツー番組”


取材協力

パナソニックショウルーム大阪

キッチン・バスルーム・トイレ、内装に収納まで。日々進化し続ける最新の住宅設備を体験できる、2フロアおよそ470坪の巨大展示場。

この記事をシェアする

暮らしやすい間取り

New article

新着記事一覧

Ranking

Category

eo公式 SNS

メールマガジン登録
PAGETOP